教育体制

スーパー連携大学院コンソーシアムの教育体制図



1. 自大学の講義
 自大学から提供されたスーパー連携大学院の講義は、通常の講義と同様に自大学の講義を受講する。
2. 他大学の講義
  他大学から提供されたスーパー連携大学院の講義は、e-ラーニングを利用して受講する。
  これらの講義は、特別聴講学生制度により一般の学生も受講できる。

3. 単位認定
 学生の所属大学は、「2.」の講義を単位互換協定に則り自大学の単位として認定する。

4. 共同研究
 学生は、スーパー連携大学院が用意する共同研究に参加する。自大学教員、共同研究先の研究者等が、学生を研究指導する(研究指導委託等の制度が利用できる)。
共同研究の詳細はこちら

5. 学位審査
 「4.」の共同研究がサーティフィケート研究論文等として審査され、学生はサーティフィケートを取得する。また別途所属大学院から博士号が授与される。

6. 受講生募集
 各参加大学は、進学希望の学部学生や社会人学生希望者にスーパー連携大学院プログラムの案内をする。受講生募集や選抜は、大学院入学後、履修登録時に行う(選抜は、スーパー連携大学院の委員会が行う)。


Designed by CSS.Design Sample