2.大学と産業界の連携による地方の活性化

 これからの時代は、地方の企業も国際競争にさらされ、 グローバルエコノミーの中で競争することになります。 その中で、大学が地域振興の核として、地域社会の人材を輩出し、 地方産業界の研究基盤となることが重要となります。
 スーパー連携大学院は、本部を核とした全国的な産学官の広域ネットワークを構築、 地方産業・大学の広域連携をサポートします。
 また各参加大学は、スーパー連携大学院の取り組みを通じて、博士課程のみならず、 修士課程、学部教育のレベルアップ、研究活動の活性化が見込めます。
目標2
ページトップへ