産学官連携をフル活用することで、社会で即戦力となるための「7つの志」を備えたイノベーション博士を育成します

方針2:産学官の協力でカリキュラムを作成

  • カリキュラム作りから産学官の協同で行うことで、真に社会に求められる能力を持つ博士を育成します
  • 参加大学からだけではなく、企業、海外などから教授を招聘し、実践的な教育と研究を行います
  • 学生は、基礎的演習からMOT講座、プロジェクトベースの講義などの様々な科目を、しっかりと時間をかけて習得します
  • 学生自身が身につけたい分野に合わせ、テーラーメイド式にカリキュラムを構築します

方針3:産学協同研究プロジェクトを研究題材に

  • 学生の教育研究活動は、すべて産学連携プロジェクトによる研究で行います
  • 学生は労働力になるのではなく、主体的に企画、進行、管理に関わることで、マネジメント力を始めとする「7つの志」の能力を磨きます
  • 研究プロジェクトは、複数の分野、複数の企業の参画が必要になるようなテーマを設定します
  • 研究テーマは、夢のある大きなプロジェクトや、企業発案のもの、学生自身が発案するものなど、様々なパターンで準備します
運営方針2
ページトップへ