参加大学 中央大学

※所属・役職はAgora2号掲載時のもの
中央大学 永井和之学長 「幅広い知識の提供を」


中央大学長 永井和之氏
 中央大学では、大学院博士前期・後期課程の志願者を増加させるため、例えば専攻を超えた共通科目履修などを検討しております。このたび、スーパー連携大学院が構想され、大学教員の後継者養成のみではなく、様々な分野で活躍できる新しいタイプの研究者養成を目指すと伺い、大いに期待すると共に、本学もできるだけ支援をして参りたいと存じます。
 本学は、現在の連携校の中では唯一の都内にある大規模私立大学ですので、その特徴を活かし、技術分野だけでなく、法律・経営・会計など幅広い知識を提供することが可能と考えております。また首都圏に設立される連携拠点にも地理的に近いため、産業界と大学院生との間のコミュニケーションにも参画が可能と考えております。
 このスーパー連携大学院構想により世界で活躍できる新しい博士が誕生し、産業界もここで養成された優秀な研究者を、積極的に採用できる時代が迎えられることを期待しております。
中央大学 大学院理工学研究科委員長/理工学研究科 教授/WG1委員 鎌倉稔成氏 「集中型か? 分散型か?」


中央大学 大学院理工学研究科委員長/理工学研究科 教授
WG1委員 鎌倉稔成氏
 システムを集中型にするか分散型にするか、これはいつも問われるシステム設計の問題である。連携大学院は建物本体の建築を構想している取り組みであるので、集中型とも見える。しかしながら、これが本当に連携大学院を充実化させられるのか。連携に期待すべきは、個々の大学院の持つ優れた点を伸ばしながら、新たな知の創出を図るべく、有機的結合し、それぞれの地域で拠点を形成しつつもさらに一段と上のレイヤーでの統合を図ることが重要である。博士学位の問題点はすでに明らかになりつつあるが、イノベーション博士学位の行き着く先について十分な議論が必要である。産業界は即戦力が欲しいだろうし、学界は就職活動を気にかけないで研究に専念できる学生の確保が目標の一つと考えられる。これに学生の思惑が入るのであるから、学生へのサービスが肝要である。異分野の融合、新たな知の創出、全人教育をキーワードとして取り組みに参加していきたい。
ページトップへ