3.地方の協同での課題解決

 ある企業が抱えている問題について、地元の大学の研究者が解決することは、 理想的な大学と産業界 の連携の形です。
 しかし、例え総合大学であっても、必ずしも持ち込まれた課題に対応できる研究者がいるとは 限りません。そのような課題に対して、スーパー連携大学院の全国的なネットワークを使って、 解決可能な地方の研究と結び付き、地方が地方を支える形での課題解決を行うことができます。
貢献3
ページトップへ