教育システム概要

このページでは、スーパー連携大学院プログラムの教育システムの特徴や構造について説明します。

スーパー連携大学院プログラムのカリキュラムの特徴

スーパー連携大学院プログラムでは、下記のような特徴を備えた教育を行います。

特徴1:明確な人材像と産学官連携での育成

特徴2:修士・博士5年をトータルに考えた教育課程

特徴3:共同研究ベースのみの学位研究

特徴4:厳格かつ多様な質保証制度

特徴5:他大学のの授業はe-learningで受講

特徴6:入学・修学・就職・起業などを含む生涯学生支援

 

カリキュラム構造




教育体制

スーパー連携大学院プログラムの学生は、スーパー連携大学院プログラムのカリキュラム表の中から授業を選択し、所属大学院では対面受講で、他大学の授業はe-ラーニングや集合教育(連携大学に行って受講)で受講します。企業等と共同研究を行うことで、所属大学から博士号を、スーパー連携大学院コンソーシアムからはサーティフィケートを取得を目指します。

→ 右図をクリックで解説ページへ  →

 

 

入学から卒業までのモデルケースはこちら


Designed by CSS.Design Sample