スーパー連携大学院コンソーシアムの事業

スーパー連携大学院コンソーシアムは、多様な社会的ニーズを踏まえて実社会で活躍するイノベーション博士人材の育成を大学間の連携および地方公共団体や産業界等との共同で実施することを通じて、地域に立脚する国公私立大学が、イノベーション社会において地域に貢献する知的基盤としての役割を確立することを目指すとともに、産学官それぞれの活動の活性化、わが国の経済活動の発展、社会貢献に寄与することを目的とし、次の事業を行います。


(1)イノベーション博士人材の育成

多様な社会的ニーズを踏まえて実社会で活躍する7つの志を持つイノベーション博士の育成を行います。

(2)共同研究の企画、実施

教育と共同研究が両輪となった人材育成を行い、イノベーションの創出を推進します。

(3)サテライトオフィス、サテライトキャンパス、インキュベータに関する事業

スーパー連携大学院を中心としたサイエンスパーク構想を江戸川区と検討しています。産学官の交流の場、地域、異業種交流から活力を生み出します。

(4)国際連携事業

海外インターンシップ、留学生受入れ、海外の大学、海外の企業との連携を推進します。

(5)社会人教育事業

社会人ドクターの受入れ、社会人の再教育の場を提供します。

(6)広報事業

活動を広く呼びかけ、次世代の人材づくりのサポーターを募集します。

(7)会員相互の協力、関係組織との協力

会員の交流を通し、柔軟かつ強固な関係づくりを促進します。

(8)その他目的を達成するために必要な事業

沿革

 2007年5月 産学官連携大学院構想懇談会をコラボ産学官理事長私設懇談会として発足
 2007年9月 「スーパー連携大学院(仮称)設置の提言」完成
 2007年12月 「スーパー連携大学院(仮称)」設立準備会をコラボ産学官参加大学11校の参加で発足
 2008年8月 平成20年度「戦略的大学連携支援事業」採択
 2008年10月 スーパー連携大学院キックオフミーティング (第1回協議会および第1回WG1,WG2,WG3合同会議)
 2009年3月 中国深センの大学、関連機関の視察
スーパー連携大学院第1回シンポジウム開催
 2009年10月 北欧3国の大学、関連機関の視察
 2010年5月 スーパー連携大学院協議会、清水建設株式会社、野村證券株式会社の三者にてGREEN FLOAT構想に関する包括連携協定を締結
 2010年11月 スーパー連携大学院コンソーシアム設立総会開催、14大学、29機関および個人が入会
 2011年4月 2011年度(第1期)受講生の募集および選抜
 2011年6月 スーパー連携大学院フォーラム2011開催(2011年度定時総会同日開催)
 2012年9月 参加6大学による文部科学省平成24年度大学間連携共同教育推進事業「産学官協働ネットワークによるイノベーション博士養成と地域再生」が採択
 2012年12月 スーパー連携大学院フォーラム2012開催(文部科学省大学間連携共同教育推進事業キックオフイベント)
 2013年8月 スーパー連携大学院フォーラム2013開催(文部科学省大学間連携共同教育推進事業全国フォーラム、イノベーション・ジャパン2013特別協賛シンポジウム「真成長戦略・・・もう一つの三本の矢とは))
 2014年9月 平成26年度地域フォーラム開催(文部科学省大学間連携共同教育推進事業地域フォーラム、秋田県立大学)
 2015年4月 一般社団法人設立
                     

Designed by CSS.Design Sample